鶏のつくねと若竹煮

(4人分)

たけのこ(皮つき)
700g
米ぬか
ひと握り
赤とうがらし
2本
鳴門わかめ
少々
つくね
 
若鶏の胸肉
1枚
たけのこのひめ皮
少々
長ねぎのみじん切り
1/4本
砂糖
大さじ 1/2
小さじ 1/4
1/2個
木の芽
少々
煮汁
 
だし汁
2カップ
砂糖
大さじ 3
淡口醤油
大さじ 3 1/2
大さじ 2
鶏のつくねと若竹煮

作り方

  • 皮つきのたけのこは穂さきを1/3程斜めに切り落とし、皮目に縦一文字の包丁目を入れ、米ぬかと赤とうがらしを加えて、水から茹でる。たけのこの大きさにもよるが、落し蓋をして40~50分はかかる。竹串で刺して、中までやわらかく通ればよい。冷めるまで湯止めにし、一文字の包丁目から皮をむき取り、ひめ皮は残して水にさらす。
  • 茹でたたけのこは根元の周囲を包丁で整理し、縦二つに割る。根元の部分は半月またはいちょう切りなど、繊維に直角に包丁し、やわらかな穂先は繊維に平行してくし型に切り、ざるに入れて熱湯で霜ふる。
  • 胸肉は包丁で細かくたたき、ひめ皮とねぎのみじん切りを混ぜ、分量の調味料と卵を加え、まんべんなくたたいて、鍋蓋に取る。
  • わかめは水に戻して筋を除き、大きめに包丁して小ざるに入れ、熱湯で霜ふる。
  • 分量のだし汁と調味料を合わせて煮汁を作り、煮立ちはじめに③のたたき肉を一口大に箸でちぎって煮汁に入れる。次にたけのこを入れて煮含め、最後にわかめを入れて少し煮て、火を止める。
  • 器に、つくね、たけのこ、わかめを盛り合わせ、煮汁を少し張り、木の芽を添える。

ワンポイントアドバイス

こんぶとかつおのだし+鶏のうま味がしみこんだ旬のたけのこです。つくねもあるのでボリュームもあります。
・寄せ卵椀 ・青豆飯(せいとうめし) ・かんたん水ようかん

セットメニュー

鶏のつくねと若竹煮のセットメニュー
このページのトップへ戻る