カステラ

(20cm×20cm)

卵(M玉)
8個
砂糖
300g
はちみつ
大さじ 4
湯(又は温めた牛乳)
50cc
強力粉
200g
カステラ

作り方

  • 下準備をする
    卵は室温に戻し、カラザを取り除く。
    砂糖は湯又は温めた牛乳で良く溶かす。
    強力粉は2回ふるう。
    型の底と側面ににアルミホイルを敷く。
    オーブンの温度を180℃にセットして温めておく。
  • 卵は軽くほぐして砂糖を一度に入れ、ハンドミキサーを高速で約15分ボウルに沿って動かしながら、まんべんなく泡立てる。
  • はちみつと湯を合わせたものを加え、さらに1~2分泡立てる。
  • ハンドミキサーを中速にして、強力粉を2~3回に分けて篩い入れ、2~3分混ぜ合わせる。(この時、大きな気泡を立てないようにすること、粉玉を残さないように注意すること)
  • ハンドミキサーを止めて、先端に種を付けて持ち上げ、「の」の字を描いてみて、種の動いた跡がきれいに読める泡立て具合になったら良い。
  • 型の縁に種を付けないように流し入れ、ゴムべらを垂直に立て、種を切るように縦横に何度も動かし、底から泡が上がってきたら表面をなでるようにして、泡を消す。
    これが泡切りで、これを数回繰返す。
  • 型を天板にのせ、オーブンの中段(上下2段のオーブンの場合は上段)に入れ、1分焼いて取り出し、⑥の要領で泡切りをして再度オーブンに入れる。これを2回程繰返す。
    その後、8~10分表面がうっすらと焦げ色が付くまで焼く。
  • 天板を下段に下げ、温度を150℃~160℃に代えて60分~70分焼く。
  • 上面がまんべんなく濃いきつね色になったらオーブンから出して、手の平でごく軽く表面を叩いてみて、心地良い手ごたえが返ってくれば良い。
    ジョワジョワという音がしたら、もう一度オーブンに入れて5分~10分追い焼きをする。
    全面がしっかりした手ごたえになったら焼き上がり。
  • すぐにホイルの部分を上に引っ張るようにして箱から取り出し、ケーキクーラーなど脚付きの網にのせて側面のホイルを剥がす。
  • カステラ全体が包める位の大きさのラップをしわにならないように広げ、カステラの上面を下にして、ホイルも全部取り外し、粗熱が取れた位の温かいうちに、全体をラップでくるんでしまう。
  • 翌日の方がしっとりして美味しい。

ワンポイントアドバイス

焦げちゃいそうで焦げないくらいにしっかり焼いてください。
・墨いかの生姜ソース ・酢豚 ・えびのチリソース ・豆腐の中華スープ

セットメニュー

カステラのセットメニュー
このページのトップへ戻る