岡山バラ寿司

(6人分)

4合
昆布
1枚
打ち酢
 
 酢
80cc
 砂糖
大さじ 3
 塩
小さじ 2
干椎茸・かんぴょう
 
 干椎茸
4~5枚
 かんぴょう(乾燥)
10g
 だし汁
1/2カップ
 砂糖
大さじ 4
 醤油
大さじ 2 1/2
 みりん
大さじ 2
高野豆腐(乾物)
30g
 だし汁
1/2カップ
 砂糖
大さじ 3
 薄口醤油
小さじ 1
 酒
小さじ 1
 塩
少々
蓮根
100g
 梅酢
90cc
 砂糖
50g
 塩・水
各少々
3個
 砂糖
大さじ1
えび
6尾
 酒・塩
少々
小鯛(ささ漬)
50~60g
こはだ(酢漬)
40~50g
茹でたこ(足)
2本
あなご(蒲焼)
3本
木の芽
適量
岡山バラ寿司

作り方

  • ご飯は昆布を入れて硬めに炊き、飯台に移して、打ち酢を加え、しゃもじで切るように混ぜ、すし飯を作る。
  • 干椎茸は戻して石突を取る。
    かんぴょうは戻して塩で良く揉み、爪を立てて切れるくらいまで柔らかく茹でる。
    柔らかくなったら、干椎茸と一緒に煮汁Aで煮る。
    冷めてからあられに切る。
  • 高野豆腐はお湯で戻して、あられに切り、煮汁Bで煮る。
  • 蓮根は3㎜厚さの半月か、いちょうに切り、酢水に浸け、そのまま鍋に移して茹で、熱いうちに甘酢に浸けておく。
  • 卵に砂糖を加えて薄焼玉子を焼き、4㎜巾に切る。
  • えびは頭と背わたを取り、薄塩をしてから、酒少々入れた湯でしっかり茹で、殻をむいて、縦半分に切る。
  • 小鯛、こはだ、穴子は一口大に切る。
    たこは薄切りにする。
  • かんぴょう、椎茸、高野豆腐は飾り用に少し残して、すし飯に混ぜる。
  • すし飯の上に、全ての具を形良くのせて、木の芽を飾る。

ワンポイントアドバイス

小鯛のささ漬けがないときはこはだを少し多めにしてください。
蓮根用の梅酢も普通の酢で代用できます。
・秋色椀 ・さつまいもの茶巾

セットメニュー

岡山バラ寿司のセットメニュー
このページのトップへ戻る