えび芋と身欠きにしんの煮物

(4人分)

えび芋
350g
えび芋用みょうばん
適量
身欠きにしん(生干し)
4本(2尾分)
番茶(にしんの茶ぶり用)
適量
ほうれん草
1把
だし(A) えび芋用
  
だし汁
2カップ
砂糖
大さじ 5
みりん
大さじ 1
小さじ 1/4
薄口醤油
少々
だし(B) にしん用
  
だし汁
1/2カップ
大さじ 1
砂糖
大さじ 2
醤油
大さじ 2
だし(C) ほうれん草用
  
だし汁
1カップ
みりん
大さじ 1強
小さじ 1/4
薄口醤油
大さじ 1
えび芋と身欠きにしんの煮物

作り方

  • えび芋は皮を縦に剥いていく。よく洗い、7面剥きに面取りして(割れやすいので洋包丁を使う。)、みょうばん水に20分位浸けておく。
  • ①のえび芋を洗って、ボウルに入れ、水を張って浸けたまま蒸し器で蒸す。蒸し上がったら、だし汁(A)の入った鍋に移し煮ていく。
  • 身欠きにしんは茶ぶり(番茶で芯まで熱が通ればよい)にして、頭を切り落とし、腹骨を取り、1本を6等分に切る。だし汁(B)の入った鍋ににしんを入れて、落し蓋をして、ゆっくり炊く。
  • ほうれん草は塩茹でして、根を落とし5㎝長さに切り、鍋にだし汁(C)を沸かして火を止め、ほうれん草を入れて浸しておく。
  • 器に②のえび芋、③のにしん、④のほうれん草を盛り付け、えび芋を煮ただしをはる。

ワンポイントアドバイス

炊き合わせのときに器にはるだしは一番色の薄いものです。
・大根の桜づけ ・大根のはりはり ・紅白なます
・焼きさんまの棒寿司 ・栗蒸しようかん

セットメニュー

えび芋と身欠きにしんの煮物のセットメニュー
このページのトップへ戻る