秋刀魚梅煮

(4人分)

秋刀魚
2尾
梅干し
2個
540cc
みりん
30cc
タマリ醤油
30~40cc
砂糖
少々
秋刀魚梅煮

作り方

  • 平らな皿に軽く振り塩をし、そこへ秋刀魚をのせ、更に振り塩をして、1時間程〆ておく。(銀皮を殺す)
  • 良く水で洗い、頭を落とし、5等分の筒切りとし、内臓を取り除き、熱湯で霜降りをして、よく水分を切っておく。
    この時、銀皮を取らないように注意する。
  • 厚手の鍋一面に並べ、酒(200cc)を入れ、さんまがひたひたになるまで水をたし、梅干しを加え、紙蓋をして、弱火で3時間程度焚き、水分が無くなったら水と酒(残り)で追っていき、軟らかく焚いていく。
  • 充分に軟らかくなれば梅干しの塩分が入るので、色を出すためにタマリ醤油、みりん、砂糖を入れ、20~30分焚き、一度火を止め、冷ます。
  • 冷めたら、もう一度火にかけ軽く焚き、中心をあけ、汁をかけながら煮詰め、照りを出して仕上げる。
  • 冷めてから取り出し、梅干しとみょうがであしらう。

ワンポイントアドバイス

新秋刀魚は、腹のしっかりしたものを選びましょう
・賀茂ナスの揚げ出し ・ぎんなんとえびの炊き込みご飯 ・わらび餅

セットメニュー

秋刀魚梅煮のセットメニュー
このページのトップへ戻る